西日本のPET検診について


PETとは?

西日本では、体の健康のためにPET検査というものが導入されています。そもそもPET検査というのは、主にガンを発見するために開発された画期的な検査方法です。ガンの特性として、体の正常な細胞よりも、数倍から数十倍もの量のブドウ糖を摂取します。PET検査では、このようなガンの特性を生かして検査を行うのです。
検査の具体的なやり方は、体内に ブドウ糖に似た微量の放射線を放出する「ポジトロン薬剤」を注射します。そして、その部分にガン細胞が集まるかどうか検査するのです。
この検査方法のメリットは、従来の検査と比べて、がん発見率が飛躍的に高いといわれています。普通の検査では難しいとされる数ミリのがん病巣も発見することが可能です。その他にも、検査を行うときに全く苦痛がないことも魅力です。従来の検査は、調べる部位によっては苦痛を伴うこともあります。ですが、ただ寝ているだけで検査できるので、全く苦痛がないです。また、2、3時間で終わるので、忙しい現代人にとって便利なシステムといえます。

西日本のPET検査の施設の費用相場

特殊薬品によりがん細胞にマーキングを行うことができるPET検査は、従来の検査では発見しにくかった小さながん細胞を早期に発見することができます。健康診断などでこのPET検査を受ける場合、費用に関しては、健診センターや病院などの施設ごとに自由に費用を設定できる自由診療となっています。

平成22年4月には健康保険の適用範囲が拡大されたことにより、費用負担が軽減され、検査を受けやすくなりました。西日本のPET検査の施設の費用相場は、スタンダードな検査で10万円前後となっています。また、オプションなどで、さらに詳しい検査をする場合は、費用はその分加算されます。西日本には、PET検査ができる施設が増えてきていますが、費用はそれぞれ違いますので、まず確認してみる必要があります。また費用が大きく違う場合は、検査項目に違いがあるのか、使用する機器に違いがあるのかなど、比較してみると良いでしょう。施設によっては分割が可能なところもあります。

西日本でPET検査予約の方はMRSOにしよう!